カナダでやってみてよかったこと

自分の好きなことで探してみた結果

カナダにきてから数ヶ月程が過ぎて、少しながら英会話に自信が持てるようになった頃、Craigslist[https://vancouver.craigslist.ca/]というサイトで地元カナダ人たちでやっているソフトボールチームのメンバー募集の記事を見つけたので、思い切ってコンタクトをとってみました。1度練習しているところに参加させてもらい、オンコールではありましたが、女性人数が足りないときに呼ばれて、試合に度々出ることができました。中学・高校時代にやってきた部活動がこんなところでも役に立ちました笑

本当は大学時代に熱中していたヨットをこちらでもやってみたかったのですが、私がやってきた2人乗りのヨットはなかなか見つからず、また費用もお高くて留学生身分の私には気軽にできず断念しました。

 

やっぱりここでも、下手な英語でもいいじゃない!と開き直る精神で乗り切る

ソフトボールはチーム戦なので、人数も9人は少なくとも集まり、毎回ワイワイ楽しい感じでした。チームの年齢層は20~40代までと割と幅広く、女性がチーム内に2人以上参加しているとボーナスポイントが付くようになっていたか、もしくは最低でも2人以上は女性メンバーが入っていないといけないルールだったか、もう覚えていないのですが、とにかく試合時にはどのチームも2人以上は女性が入るように構成されていました。私が参加させてもらったソフトボールチームには、英語を第2言語として話すのは私だけで、当時の私の英語力では、全ての会話は聞き取れず、たどたどしい英語で申し訳ない思いをした記憶もあります。

それでも、このときは徐々に開き直りの精神(前々回のコラムで書きました)がやっと芽生えてきた頃だったので、とりあえず何かしらは伝えたいので、知っている単語をつなげておけーい!みたいな少し雑な心構えでしたが、心優しいカナディアンたちの本格的な英語環境の中で勉強させてもらいました。参加させてもらったチームのメンバーの方々も、こんな私をこころよく受け入れてくれて、ありがとうございましたと今になって思います。

 

学校以外のコミュニティに踏み出してみる

語学学校や専門学校の他に何かこうしたスポーツや趣味、自分の好きなことや得意なことを通して、学校以外の外のコミュニティに踏み出してみるのも、海外留学にきたからこそ試してみる価値がある経験だと思います。

カナダ・バンクーバーだけでなく、その他の地域や国でも、こういったスポーツや趣味のサークル的な集まりは探せばたくさんあると思います。私は2ヶ月間のみですが、カナダ東部のモントリオールにも語学留学でいったことがありますが、そこでも英語、フランス語、日本語、韓国語の4カ国ミックスタイプの会話クラブがあり、その4カ国語に興味のある人が集まるコミュニティに私も何度か参加していました。

 

留学先での新たな第一歩へのツール

先程のウェブサイトCraigslist[https://vancouver.craigslist.ca/]などのようにインターネット上でも探せますし(Craigslistは世界中のそれぞれの地域バージョンがありますよね!)、実際に地域の図書館やコミュニティセンターに行ってそれらの掲示板を見てみても、いろいろな活動の告知やメンバー募集の広告などが貼られていたりします。そういったところから、新たなコミュニティへの第一歩が踏み出せるはずです。

ただし、言語の違う他国に来ている、自分は外国人であるということをくれぐれも忘れないようにしましょう。

今年に入ってからのつい最近、30代女性がカナダ・バンクーバーに語学留学にきていたところ、殺人事件の被害者となってしまったという悲しいニュースがありました。犯人は英会話クラブで知り合った男性だったそうです。被害者女性は私と同世代で、遺体発見場所などは私にも留学生時代に馴染みのある付近であり、とても人ごととは思えないほど大変ショックを受けました。常に警戒心をもって、最大限に注意を払った行動を心がけましょう。

 

 

 

saachi
【属性】2児のママ/グラフィック&WEBデザイナー
【性別】女性
【自己紹介】
カナダ在住歴約10年。日系カナダ人夫と娘2人と4人暮らし。家事・育児のかたわらフリーランスのグラフィック&WEBデザイナーとして活動中。

横浜市立大学商学部卒業後、医薬品商社にて営業として勤務。その後、デザインに関わる仕事をしたいという夢を捨てきれず退社。語学留学を始めにカナダ発上陸、現地のグラフィックWEBデザイン専門学校を卒業後、グラフィックWEBデザイナーとして現地の印刷会社、IT教育 ベンチャー企業、大手電化製品販売会社の本社勤務を経て現在にいたる。