カリフォルニアのオーガニックレストラン

海外体験の概要
【訪問国/都市】San Francisco,USA
【目的】新婚旅行
【行程】5泊6日Napa Valley  Berkeley, California  Chez Panisse etc.
【エアライン】Delta Airlines
【宿泊先】Hotel Union Square
【予算】約25万円(一人)

 

海外体験の概要についてお聞かせください。

新婚旅行で以前から行きたかったカリフォルニア・バークレーのオーガニックレストラン「シェパニーズ」(Chez Panisse at 1517 Shattuck Avenue Berkeley, California)に行ってきました。またカリフォルニアワインの産地ナパバレー(Napa Valley)でワイナリー巡りを楽しんできました。「ロバート・モンダビ・ワイナリー」(Robert Mondavi Winery)やフランシス・フォード・コッポラ監督が所有するワイナリー「ルビコン・エステイト」(Rubicon Estate)を訪れて醸造所の見学や試飲を楽しみました。

4698896366_d045904248_zphoto by m anima

現地でのコミュニケーションはいかがでしたか。

夫婦ともある程度英語は話せるので特に問題はありませんでした。サンフランシスコ空港から市内までの地下鉄(Bart)や市内バスの路線案内が少しわかりにくかったです。ホテルで市内観光のバスツアーを申し込んだ際の出来事でした。若いホテルスタッフがツアーバスの時刻を正確に把握しておらず適当な事を言われました。結局ツアーバスは来ないまま一晩無駄にしてしまいました。文句を言うと「そんなこと言ったっけ?」みたいな対応をされました。腹が立ったのでマネージャーに「口コミサイトにこのことを書くよ」と苦情を言うと慌てて謝罪・軽食クーポンのサービスがありました。

印象的なエピソードについてお聞かせください。

サンフランシスコ市内の洒落たカフェにて朝食を取った際です。すごく親切なウェイトレスさんがいました。「日本の方ですか?私は日本が大好きなんです!」などと言いながらとても良くしてくれました。「これは少しチップを弾もうかな」と良い気分になり多目に
払いました。もう少し市内観光について聞きたくて話しかけると態度が豹変、「チップをもらえばあんた達はもう用済み!」とばかりにぷいと去っていきました。「ビジネスライクではっきりしてるなあ」と少し驚きました。日本では見ることのない光景でした。

現地で美味しかったものについてお聞かせください。

「シェパニーズ」のディナーとナパバレーのワイナリーで頂いたワインです。カリフォルニアで歴史のある「シェパニーズ」はオーガニックレストランの草分け的存在です。サンフランシスコ市内から地下鉄(Bart)でバークレーに向かいます。UCLAバークレーの広大なキャンパスを散策しつつ到着(学生がすごく多い!)。二人で本日のワインを頂きながら夕食のコースを頂きました。アメリカにしては軽めの分量で味付けも薄味です。近辺で取れた有機野菜のサラダやグリルした鶏肉が美味しかったです。ワインを飲んでサービス料込で270ドル(二人分)ほどでした。白ワインはさすがに絶品でした。日本のレストランや料亭に比べると若干リーズナブルな感じがしました。フィッシャーマンズ・ワーフのシーフードは期待していたほどではありませんでした。日本のほうが美味しいと思います。

3148322211_803e5845ed_zphoto by Jim G

失敗談についてお聞かせください。

空港でゆっくりしていたら飛行機に乗り遅れそうになりました。ひさしぶりの海外旅行だったので往路の空港でゆっくりコーヒーを飲んでいました。「そろそろ一時間前だしぼちぼち搭乗しようかな」とカウンターに向かったら「最後の乗客ですよ!急いでください!」とたしなめられました。頻繁に海外旅行されてる方にしたら常識なのかもしれませんが気を付けようと思いました。

現地で気を付けることについてお聞かせください。

サンフランシスコ市内は観光地だけあっておおむね安全です。市内を外れると物乞いやホームレスが多くなります。またゴミが道路に散乱していたり窓が割れていたりするエリアもあります。夜間の郊外への外出(ライブハウスなど)は控えた方が良いのかなと感じました。また物価が日本と比べると高いです。朝食や軽食も10ドルぐらいすぐにかかります。長くデフレが続いた日本と比べると「こんな内容で10ドルもするのか」と感じました。適当にお金を使っていると日本以上に割高な出費になる点留意しないといけなかったです。

最後に現地を訪れる方にメッセージをお願いします。

ナパバレー(Napa Valley)は見渡す限り一面のブドウ畑が広がっていました。併設の醸造所や試飲できるギフトショップなども洗練されており良かったです。ナパバレーへはツアーも充実していますし日帰りでも十分楽しめます。サンフランシスコ市内から朝に出発して3か所ほどワイナリーを回っても夕方には戻れます。ツアー料金も100ドル程度からありました。時間に余裕があれば「ワイントレイン」で食事とワインを楽しみながらナパバレーを列車で回るのもお勧めとのことです。ただし予約制ですので早めにスケジュールを組まないといけません。僕は前日に予約しようとしたら満席でした。

参考URL

– Robert Mondavi Winery http://www.robertmondaviwinery.com/
– Rubicon Estate http://www.niebaum-coppola.com/
– Chez Panisse  http://www.chezpanisse.com/
– Napa Valley Winetrain  http://www.winetrain.com/
– San Francisco Travel  http://www.sanfrancisco.travel/

Featured photo by David Yu

筆者プロフィール

【会員No 4】N.Iさん
【属性】社会人
【性別】男
【自己紹介】会社員です。学生時代に一年間ほどアメリカ北西部に留学していました。最近はインドネシアやマレーシアに行ってみたいなと考えています。ご経験のある方いらしたら現地情報など教えて頂ければ幸いです。

TEMPLE WEB編集部
京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」にご興味を持っていただきどうもありがとうございます。これからもみなさんに楽しい&ためになる情報を発信できるよう努めてまいります。