バリ島での語学学校留学(4週間)

 

海外体験の概要

【訪問国/都市】バリ島/デンパサール

【目的】語学研修

【行程】1ヶ月間

【エアライン】ガルーダ・インドネシア航空

【宿泊先】アパート

【予算】20万円

 

●海外体験の概要についてお聞かせください。

バケーションも兼ねてバリ島へ1ヶ月間語学留学に行きました。現地の人々が住むアパートに滞在し、英語の語学学校に通いました。週末には船で30分ぐらいのところにあるレンボンガン島やサンセットの美しいタナロット寺院など様々なところへ遊びに行きました。バリ島へ行くのは二度目でしたが、優雅なリゾート地だけでなく現地の人々のリアルな生活も垣間見ることができ、貴重な体験となりました。

●現地でのコミュニケーションはいかがでしたか。

現地の方たちの生活エリアでは英語が通じないこともありましたが、観光地では英語はもちろんのこと日本語が話せる方も時々おられました。皆さんとてもフレンドリーで親切でした。欧米からの旅行者も多く、行く先々でたくさんの方とお話しすることができました。

●印象的なエピソードについてお聞かせください。

道路や下水道の整備があまり進んでおらず、道はデコボコ、雨が降るとすぐに軽い洪水のような状態になっていました。道に大きな穴が開いていて、ヒヤッとすることもありました。またバイクが非常に多く、1台に小さな赤ちゃんを含めた4〜5人で乗っていることもありました。みんなすごいスピードで車を避けながら走っていました。

 

●現地で美味しかったものについてお聞かせください。

当初は口に合う食べ物がなかなか見つけられず苦労しましたが、ローカル食堂のソトアヤム(チキンスープ)やナシゴレン(焼き飯)がおいしくて、何度か通いました。ドリンクもつけて300円でお腹いっぱいになりました。

 

●失敗談についてお聞かせください。

バリ島では電車が走っていないので、主な移動手段はタクシーでした。10~15分ほど走って30,000ルピア(約300円)のところ、うっかり300,000ルピア支払ってしまいました。支払った直後にメーターをリセットされて「??」と思ったのですが、気づいたときには既にタクシーの姿は見えず・・・。しばらく落ち込みました。

 

●現地で気を付けることについてお聞かせください。

滞在中、最後まで慣れなかったのが虫です。食事中、蚊やハエが飛び交っていることもあり、なかなか辛かったです。特にヤモリは至るところに生息していました。アパートの部屋にも数匹住んでいましたが、持ち上げたバッグの下に隠れていたときは飛び上がりました。虫が苦手な方はお気を付けください。あとはお水です。生野菜や飲み物に入っている氷にも注意が必要です。

 

●最後に現地を訪れる方にメッセージをお願いします。

バリ島は美しい自然だけでなく、人々の温かさも大きな魅力の1つだと思います。ぜひ積極的に現地の方とコミュニケーションを取られることをお勧めいたします。

 ●筆者プロフィール

【属性】社会人

【性別】女性

【自己紹介】ビーチリゾートが好きです。

TEMPLE WEB編集部
京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」にご興味を持っていただきどうもありがとうございます。これからもみなさんに楽しい&ためになる情報を発信できるよう努めてまいります。