「カナダ在住Webデザイナーママのコラム」vol.3〜フリーターの私。人生の模索が始まる〜

医薬品商社の営業として社会人1年目を終えようとした頃、自分が本当にやりたかったことに気づき、退職、そしてフリーターになりました。
どのような職業に就けば、色やカタチに携われるのだろうか。
とにかくもっと具体的に考えてみました。そして行き着いた答えが、お菓子や食品系のパッケージのデザインをしたい!‥
稚拙な考えで今思うとお恥ずかしいですが、これが当時23~24歳の私の目標となり、それに向かってとりあえず進むことになりました。

 

グラフィックデザインの学校探し。国内でなく海外へ!

パッケージのデザイナーになるためにはグラフィックデザインのスキルが必要ということが分かり、まずはグラフィックデザインが学べる学校探しを始めました。パソコン自体にすらあまり詳しくない全くの初心者がグラフィックデザインを学ぶので、私は社会人向けコースや短期集中コースでは確実に足りないように思い、卒業までに2~3年はかかる通常の本科コースを中心に探していました。

しかし、これから本科コースで専門学校に通い、卒業し、前職とは全く違う業界で、かつデザイン未経験者として再就活する頃には年齢は20代後半‥と思うと何だか先行きが不安になりました。

そこで思いついたのが、海外での専門学校留学でした。日本でグラフィックデザインの専門学校を卒業するまでにどうせ2~3年は費やすのであれば、いっそのこと海外に行ってしまい、専門学校の2~3年間に(専門学校に入学するために必要な語学力を身につけるための語学留学期間としての)1年程を加えて、英語力を身につけて帰ってきた方が、今後の再就職への望みが少しでも広がるのではないかと思ったのです。

 

デザイン&アートといえば

私の素人的な発想で、デザイン&アートといえばロンドン・パリ・ニューヨーク・東京のどれかで、英語圏はロンドンかニューヨーク。ロンドンは物価が高いので、ニューヨークかな。という具合に都市は決定し、ニューヨークのグラフィックを学べるデザイン専門学校を調べました。
専門学校についてはいくつかの目星をつけましたが、はやりニューヨーク、学費も生活費もなかなかお高いんですよね。そこで私は専門学校への入学資格の一つである語学力を身につけるための語学留学は違う国・都市で始めることに決めました。

 

語学留学先のお国選び

長期留学は今回が初めてでしたので、あまりマイナーな国や地域は控えておこうと思い、メジャーな英語圏の留学先としてアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドを候補として考えていました。
イギリスはイギリス英語、オーストラリアとニュージーランドはそれぞれ独特なアクセントがあると聞いたことがありました。アメリカはもちろんアメリカ英語で、カナダはそのお隣の国なので同じくアメリカ英語。
ということを踏まえて、語学留学後の専門学校はニューヨークを考えていたため、やはりアメリカ英語である北米のアメリカかカナダに的を絞りました。

 

アメリカとカナダ、どっちにしよう?!

アメリカは観光で何度か行ったことがあり、やはり治安面が1番気になりました。その点、カナダは一度も訪れたことがなく、また比較的治安が良いと聞いていて、アジア人も多いことから暮らしやすそうだなという印象があり、気持ちはほぼカナダに傾いていました。

さらに偶然にも、母の友人の娘さん達に聞けば留学先は皆カナダでした。そのうちの1人の娘さまにもお会いして、カナダ留学の実体験の話を聞けたこともカナダに決める大きなきっかけとなりました。彼女曰く、カナダへのリピーターは多いらしく、彼女もその1人で、日本でお金を貯めてはカナダに行くのだそうです。それを聞いた私は、カナダはそれだけの人にまた戻ってきたいと思わせるような、きっと素敵な魅力を持った国なんだろうなと期待が膨らみました。

少し余談ですが、彼女はカナダで真剣に結婚を考えた男性に出会ったそうですが、相手の方も留学生だったため、彼の母国にご挨拶に行ったところ、生活様式や文化の違いを目の当たりにして、その国際結婚の道を諦めたと語っていました。そんなお話も聞きながら、海外生活そして、ちょっぴり国際恋愛に憧れる当時の私でした^^;

 

カナダの三大都市

さてさて、語学留学先のお国は無事カナダに決まりましたので、次は都市ですが、ここでもとりあえずメジャーなところから選ぶことにしました。カナダの三大都市は、トロント・モントリオール・バンクーバーです。実はカナダ最大都市トロントに次ぐカナダ第二の都市のモントリオールはご存知の方も多いかもしれませんが、フランス語圏なのですね。モントリオールがあるケベック州自体がフランス語を公用語として定めており、政府によるいろいろな法律もケベック州のみ適応される規則があったりします。ということから、私の候補からはモントリオールは外れましたが、ヨーロピアンな雰囲気漂うとても素敵な都市なんですよねえ♥︎英語ももちろん、フランス語にも興味がある方にはぜひぜひモントリオール、オススメです!!
というのも、後々ご紹介しますが、実は私2ヶ月間だけモントリオールに留学していたのです☆

ではまた本題に戻りますと、語学留学先としてカナダの候補都市は、大都市トロントと自然の中にある都市バンクーバーが最終的に残りました。

こうして、私は自然が多くて海も近いバンクーバーを留学先として選びました。

 

Whistler

今回のカナダ風景の1枚:カナダのブリティッシュ・コロンビア州にあるウィスラーです。バンクーバーからは車で約2時間のところにあります。2010年にバンクーバーで行われた冬季オリンピックのほとんどの山岳競技の会場となった場所です。

 

 

saachi
【属性】2児のママ/グラフィック&WEBデザイナー
【性別】女性
【自己紹介】
カナダ在住歴約10年。日系カナダ人夫と娘2人と4人暮らし。家事・育児のかたわらフリーランスのグラフィック&WEBデザイナーとして活動中。

横浜市立大学商学部卒業後、医薬品商社にて営業として勤務。その後、デザインに関わる仕事をしたいという夢を捨てきれず退社。語学留学を始めにカナダ発上陸、現地のグラフィックWEBデザイン専門学校を卒業後、グラフィックWEBデザイナーとして現地の印刷会社、IT教育 ベンチャー企業、大手電化製品販売会社の本社勤務を経て現在にいたる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です