台湾 桃園市への出張旅行&観光

海外体験の概要

【訪問国/都市】台湾、桃園市

【目的】出張(ビジネス)

【行程】6泊7日(2017.7.29-8.4)

【エアライン】エバー航空

【宿泊先】Fullon Hotel Linkou

【予算】13.5万円

 

●海外体験の概要についてお聞かせください。

台湾/桃園市で開催された国際会議の展示ブーススタッフとして行きました。会議3日+工場ツアー1日の計4日でしたが、ブース設営などもあり、余裕をもたせた日程を組みました。運悪く出発直前に台風5・6号が発生、特に5号は入国日に台湾を直撃という予報。桃園空港に到着した2時間後には同空港の離発着便すべてがキャンセルというスリリングな始まりでしたが、翌日以降は天候も回復、会議プログラムのエクスカーション(大渓老街、慈湖)や工場ツアー(義美食品、Taoyuan Sake Brewery)のおかげで珍しい場所を訪問でき、ビジネス出張とはいえ、ローカルな台北を体験できました。

台湾2

●現地でのコミュニケーションはいかがでしたか。

ホテルと会議場内では英語、ローカルなレストランやコンビニなど、地元の方々との会話は中国語でした。私が利用したタクシー運転手のほとんどが中国語オンリーでしたので、ホテルフロントで中国語の地図をもらい、携帯していました。一方、ホテルや観光地など、旅行者が多い場所では、簡単な日本語ならかなり通じました。

 

●印象的なエピソードについてお聞かせください。

歩道がとても歩きにくかったです。舗装や清掃が不十分で、スクーターの大量駐車、自家用車の路駐など、公共清掃の感覚が日本とは違いました。台風による被害で街路樹が傾いたり、枝が折れて路駐のバイクや車両上に落ちていたりしていましたが、折れた枝は帰国するまで放置されていました。

 

日本統治時代の名残もたくさんありました。橋などの公共建造物だけでなく、剣道、柔道などの道場も記念館として修繕・保存されており、日本との歴史的な関わりの深さを改めて認識しました。

●現地で美味しかったものについてお聞かせください。

鼎泰豐(ディンタイフォン)の小籠包。マンゴーかき氷は食べ損ねました。

6

 

●失敗談についてお聞かせください。

新設のMRT(都市鉄道)の構内があまりに左右対称すぎて、うっかり反対方向のホームに降りてしまうことが度々ありました。あと、日本の地下鉄などのように「一駅くらい歩こう」とは思わないほうがいいです。

 

「大渓慈湖雕塑紀念公園」という蒋介石の銅像ばかりが200体もある(ややシュールな)公園があり、すぐそばに蒋介石の遺体が安置されている「慈湖陵寝」があります。案内標識に「800」と書いてあったので「え!? 800メートルも登るの?」と勘違いして行かなかったのですが、実際にはゆるい坂道を5分歩くだけ。銃を持った衛兵の交代儀式がとても素晴らしかったと後で聞いて、行けばよかったと後悔しています。

●現地で気を付けることについてお聞かせください。

現地タクシーは、場所によってはとても捕まえにくいので、移動方法はMRTや路線バスなどをメインにしたほうがいいのではと思います。ナイトマーケット(夜市)も有名ですが、昼間の歩道でもコックローチ・パレードが賑やかだったので、きれい好きの方、虫が苦手な方には夜市はハードルが高いかなと思いました。あと、自販機(ペットボトル)のお茶は、ほぼ微糖タイプです。水道水やトイレ事情も、ホテルや観光地など旅行者が利用する主だった場所では特に不便は感じませんでしたが、トイレットペーパーがトイレ個室の外に備え付けられていて、必要な分だけ取って個室に入る場合もありますので、念のため、ペットボトルのミネラルウォーターとポケットティッシュは携帯していたほうが無難です。

●最後に現地を訪れる方にメッセージをお願いします。

やはり故宮博物院は大人気です。チケット売り場には販売開始の8:30までに到着して待機、チケット購入後、開場と同時に(推奨ルートは無視して)「翠玉白菜」の展示室に直行、そのあとで他展示品をゆっくり鑑賞するのがお薦めです。

 

コンビニの店舗数も多く、品ぞろえは日本とほぼ同じ。ミネラルウォーターや日用品などの調達には不自由しないと思います。

8

 

●参考URL

台湾観光局/台湾観光協会 http://www.go-taiwan.net/

 

●筆者プロフィール

【属性】社会人

【性別】女性

【自己紹介】団体職員

TEMPLE WEB編集部
京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」にご興味を持っていただきどうもありがとうございます。これからもみなさんに楽しい&ためになる情報を発信できるよう努めてまいります。