京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」(テンプル)の活動概要と対象メンバーをご案内します。

 

春学期(10回)・秋学期(10回)19:00~20:30

京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」(テンプル)の例会は京都市の中心四条烏丸近辺で開催します。学校やお仕事の都合で遅れての参加や早退も大丈夫です。日本人メンバー(TOEIC高得点保有者など)にグループリーダーを務めていただきプラクティスを進めます。

 

英会話の上達には日々の練習継続(=「習慣化」)が必要です。このため当サークルでは毎日の音読学習(毎日15分程度の音読やシャドウイング)を推奨しています。その詳細につきましてははこちらのインストラクションをご参考になさってください。

◆インストラクション:『英会話・ぜったい・音読【続・標準編】』3か月プログラム

参考文献
『英会話・ぜったい・音読【続・標準編】』(國弘正雄・千田潤一 講談社)
『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』(森沢洋介 ペレ出版)

例会フロー 1一分間スピーチ(各自)

はじめに一分間スピーチを各自発表します。テーマはあらかじめ決まっています。「MY HOBBY」「MY FAVORITE MOVIE」「MY FAVORITE FOOD」などの身近なテーマで各自が一分間スピーチします。このスピーチを通して英語での自己紹介がスムーズになります。

例会フロー 2指定テキストCD音読

続いて指定テキストをCDに合わせて音読します。毎回の範囲はカリキュラムであらかじめ決まっています。TEMPLEではこのCD音読をとても重視しています。楽器やスポーツの練習と同じように何回も反復練習します。アクセントやリズム感などCDとそっくりに発音できるように練習します。

例会フロー 3TOEIC リスニング

TEMPLEではTOEICの定期的受験を推奨しています。一人ではなかなかモチベーションを保てません。メンバーでTOEICを受験することで学習の継続を目指します。学習の範囲は年間カリキュラムに基づいて作成されています。リスニングのセクションは毎回30分程度になっています。予習は不要です。

例会フロー 4TOEIC リーディング

リーディングのセクションも年間カリキュラムに基づいて範囲が作成されています。毎回30分程度になっています。予習は不要です。TOEICで出題される英単語は大学受験では見ないものも多くなっています。ボキャブラリー増強のために英単語のチェックテストも実施します。

 

 

海外旅行の情報交換コミュニティ

海外旅行は行ってみてはじめてわかる情報や知識も多いものです。また目的地を選ぶにもインターネットや書籍だけでなく実体験のある人に直接お話しを聞くことができればとても参考になります。京都の英会話・TOEICサークルTEMPLE(テンプル)では、メンバーの海外旅行体験(北米・アジア・中近東・ヨーロッパetc.)をヒアリングして相互に有益なかたちでシェアできるプラットフォームを目指しています。

 

 

京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」(テンプル)は、
大学生・社会人対象のサークルです。

以下のような方のご参加を歓迎します。
サークルのダイバーシティー(多様性)づくりのため様々なキャリアの方のご参加をお待ちしています。

  1. 大学生の方

海外旅行が好きな大学生 英会話に関心のある大学生 就職活動に向けて英語の勉強をしたい大学生 海外生活・留学のご経験のある大学生 将来海外と関係のある進路を希望されている大学生 海外生活に興味のある大学生 理系の大学生etc.

  1. 社会人の方

お仕事で英語を使う必要・機会のある方 研究職の方 PR職の方 医療関係の方(医師・看護師他)旅行関係の方 ホテルなどサービス業関係の方 ウェブデザイン関係の方 行政関係の方 大学関係の方etc.