作成者別アーカイブ: KEI

KEI

KEI について

【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター 【性別】男性 【自己紹介】 今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.13 〜平成27年度:英語③〜

(前回からの続き)

大問3「高野山に関する英文」

より下線部に相当する日本語訳を選択する問題です。高野山を訪れた外国人観光客が比較宗教学的な視点から(キリスト教との比較など)仏教を論じた文章です。宗教や仏教のトピックから出題されるというのは通訳ガイド試験ならではの傾向です。例えば

問題3−3 選択肢②の和文

「仏教ではその語は純粋に肯定的なものである一方で、英語では「無」という語は否定的な含みを持つもので、そもそも正気な人ならいったい誰がそんな状態になろうとするのかといったようなものだ。」

という何とも抽象的な内容になっています。もちろんこうした宗教関連のトピックは観光ガイドの職務上において、寺院や神社を訪れることが多いためでしょう。しかしながら内容がきわめて難解な気がしますね、、、。大問3は15分間程度で終えることができました。

大問4「日本語の短い例文を英語で表現」

四択でもっとも意味が近いものを選びます。この問題は新しい出題傾向ですね。

・日本では、家に入るときには靴を脱ぎます。
・姫路城に着きましたよ。城壁の白さと鷺が羽を広げて飛び立つように見えるため別名白鷺 城とも呼ばれています。

このぐらいの分量の日本文となっています。四つの選択肢はどれも一見するとそれらしく作成されています。判断のポイントは日本文との整合性と文法上のミスの有無です。出題される日本文の内容が成田空港や高尾山などもありますので多少そのあたりの背景知識があると有利かもしれません。この大問はもっとも短時間で解答できる受験生が多いと思われます。ほぼ10分間で回答できました。

大問5「写真・地図を見て英語で説明が施されている問題」

この大問は五択です。1問目が鎌倉の大仏とその地図に関連した出題でした。2問目はベイブリッジ、その他には「庵」「幽玄」「合気道」「紬」といった日本文化に関連ある語句の説明でした。こうした語句は外国人から説明を求められた際に活用することが想定されているのでしょう。「紬」などは全く見たことも触れたこともないので解答の方向性が未知でした。

まとめ:通訳ガイド試験の英語について

TOEICや英検などで英語受験資格を免除できる制度があります。とはいえ「観光」に付随した語句や知識を学ぶうえでは英語の一次試験はよくできていると思います。去年までのやたら難しい問題には正直閉口したところもあります。今回の受験を経て良い勉強用の素材であると確認できました。英語自体のレベルとしては英検準一級程度でしょうか。リスニングがないのでプロのガイドを志す方は、実務を見据えて自分で何らかの訓練をしていく必要があります。

 

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.12 〜平成27年度:英語②〜

(前回からの続き)

大問別の傾向分析

制限時間は120分間です。大問は全部で5問です。去年までと異なり英作文がなくなったため全てマークシート形式です。去年までの過去問において英作文が突出して難しかったことを考えると易しくなったといって良いでしょう。

問題用紙が配布されてからざっと目を通して解く順番と時間配分をシミュレーションしました。並べ換え問題は時間がかかることが多いので後回しにすることにしました。大問1(15分間)→大問3(15分間)→大問4(15分間)→大問5(15分間)→大問2(30分間)ざっとこんなイメージで取り掛かりました。

大問1「日本旅館に関する英文」

を読み前置詞を補充する問題や内容一致問題でした。前置詞は dedicated (to) tourism、 (as far as)、 (besides) などの選択肢を前後の文脈からあてはめる形式です。前置詞の知識レベルとしてはセンター試験よりやや難しい程度でしょうか。

通常の英語試験(TOEIC TOEFLなど)と異なるタイプの知識が求められる問題もありました。空所補充で sliding doors(ふすま) outdoor baths(露天風呂) pocket garden(箱庭) hanging scroll(掛け軸)といった語句群から適切なものを選びなさいという形式です。通訳ガイド試験はTOEICで一定程度のスコアを保有していると英語試験が免除できます。とはいえこうした観光関連の知識は実務上必要かつ有益なので出題されているのでしょう。大問1に実際にかかった時間はシミュレーション通り約15分間程度でした。

大問2「富岡製糸場の歴史的経緯」

に関する英文を読み語句補充1題、並べ換え3題の出題でした。どんな試験でも並べ換えは時間がかかるものですが今回の通訳ガイド試験でも予想通り時間がかかりました。3問中1問は方向性が全く把握できず適当に作成せざるを得ませんでした。おそらく捨て問だったのだろうと自分を納得させました。語句補充はわりと易しめの水準でした。

内容一致問題がないため単純に並べ換え対象の英文だけを検討します。したがって読む箇所は実際あまり多くありません。並べ換えた後の文章は

and (it became necessary for the West to import raw silk from Asia).

となります。それほど難しい知識レベルではないですね。大問2は最後に回したのでゆっくりと時間をかけることができました。トータルでは30分間程度かけました。

(次回に続く)

 

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.11 〜平成27年度:英語①〜

平成27年度「通訳案内士試験」を終えて

今年度の「通訳案内士試験」(以下通訳ガイド試験)を先月受験してきました。準備期間は半年間ほどでしたが正直あまり勉強できていませんでした。仕事をしながら試験勉強するのはやはり何の試験でも大変だなと感じます、、。

TOEICは何度も受験したことがありますが通訳ガイド試験は今回が初めての受験です。受験会場(京都は龍谷大学)に行ってみてまず驚いたのが受験生の年齢層の高さです。ぱっと見ですが50歳〜60歳以上の方が目立ちました。これはTOEICの試験会場と比較すると非常に特徴的でした。定年退職後の趣味としてまた収入の補助として自分の都合の合うときに働くことができるガイドは魅力的なのでしょうね。

また女性の受験生がとても目立ちました。40歳以上とおぼしき主婦層の方が多かったです。2020年の東京オリンピックに向け、京都市では特区制度を利用した京都市独自の通訳ガイドが設置されるそうです。かつて英語を勉強していた主婦の方でこの機会に英語をしっかり勉強し直して活躍したいという方が増えているのでしょう。

問題傾向の変化

試験勉強の基本として過去問を中心に対策しました。しかし!日本を取り巻く観光業界の情勢変化のためでしょうか。試験問題の傾向(英語・歴史・地理・一般常識)がいずれも変化していました。英語は従来の英作文(日本文→英文)がなくなり、日本文に意味がもっとも近い英文を選択肢の中から選びなさいという形式に変わりました。これによって従来もっとも難易度が高かった設問がまったく消えていました。

かなりの英語力を持っている方(英検準一級〜一級 TOEIC800以上など)でもこの通訳ガイド試験の英作文は難題であったと思います。この問題傾向の変化により英語の試験は易化したと言えそうです。

(次回レポート:試験内容の解説に続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.6 ~平安神宮レポート~

『Lonely Planet Kyoto』

 

によりますと5月は

 

「May is one of the best months to visit Kyoto. It’s warm and sunny, and the blossoms are out wherever you go」( P21)

 

だそうです。葵祭をはじめとして下鴨神社の流鏑馬・上賀茂神社やすらい祭などが五月のイベントで新緑がまぶしい季節です。本日は日本人・外国人観光客に人気のスポットである平安神宮に行ってみました。平安神宮の基本としましては

 

・創建(Creation)1895年 Initial Construction of Heian Shrine: march15, 1895

・ご祭神(Enshrined Deities)桓武天皇 Emperor Kanmu 孝明天皇 Emperor Komei

 

One of Kyoto’s more popular sights, this shrine was built in 1895 to commemorate the 1100th anniversary of the founding of Kyoto( 『Lonely Planet Kyoto』P99).

 

ということで比較的新しい創建の観光地であります。観光の見どころしては

 

メインゲートである応天門(このあたりは観光シーズンになると人力車なども並んでいてにぎやかです)から神苑入口を経て「南神苑」→「西神苑」→「中神苑」→「東神苑」が順路となります。ちょうど初夏の今頃は有名な菖蒲が見ごろでした。

 

また「中神苑」には「臥龍橋」という飛び石状の橋があります。観光の目的地として平安神宮のバリューを考えてみます。

 

次回へ続く

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.4 ~三十三間堂レポート~

 

前回より続き

 

観光の訪問先として、特に外国人眼光客にとっての三十三間堂のバリューを考えてみましょう。三十三間堂のバリューは何と言ってもその圧倒的数の千手観音が持つ迫力かと思います。京都には他にもさまざまな魅力ある寺社仏閣があります。しかしこうした1001体の千手観音が一堂に集まっているというお寺は唯一三十三間堂だけです。

 

実際に観光バスが多数乗り付けておりオーストラリア、中国などの観光客が多数いらっしゃいました。近くに外資系ホテル(ハイアット・リージェンシー)もあり宿泊客のアクセスも良いですね。カフェで休憩しようとハイアットに立ち寄りましたがロビーもカフェも本当に沢山の外国人観光客でにぎわっていました。

 

『英語で京都を案内する』(The Japan Times 柴山かつの著)

150524_2026

 

 

というCD付きの良い教材がありましたので紹介します。このテキストは京都を舞台に活躍されている著名な女性ガイドさんの好著です。このテキストは実戦的な形式でできており京都の著名なガイド先(金閣寺や清水寺など)をガイドと観光客の会話形式で勉強するものになっています。例えば三十三間堂の頁では

 

観光客:「寄木造」(よせぎづくり)とは何ですか?

What is this Yosegi-zukuri method?

ガイド:最初に別々の木の塊に彫刻が施されて、それから完成させるためにつなぎ合わせるというものです。

First, the wooden blocks are carved separately and then they are joined together to make a complete one.

 

という風にガイド本番を想定した会話形式になっています。歴史や文化財の説明も良くで

きており京都を英語で勉強したい人にとっては非常に役立つ書籍です。

 

*写真は三十三間堂内に建てられている石碑です。法然が儀式をされた記念碑です。

 

 

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.3 ~三十三間堂レポート~

三十三間堂に参拝してきました!

皆さんこんにちは。「通訳ガイド試験 受験レポート」担当のKEIです。京都は新緑が美しい季節になってきました。今年は桜をあまり見る機会がないままに過ぎてしまいました・・。

長い間京都に住んでいますと著名な寺社仏閣が何だか当たり前の存在に感じてしまうことがあります。銀閣寺・金閣寺・清水寺といったメジャーな観光地は何と言っても混雑していますし、あまりに近くにあるとかえって関心が起こらないものかもしれません。「いつでも行けるしなあ」という思いからなかなか足が進まないようです。今回改めて参拝した三十三間堂もよく考えてみると中学校の修学旅行以来でした。

三十三間堂の基本情報

 

出典『京都・観光文化検定試験公式ガイドブック・増補版』(淡交社)によりますと

 

宗派は天台宗(そのせいか堂内の雰囲気やお守りの売り方などは延暦寺に似ている気がしました)です。正式名称は蓮華王院 通称の三十三間堂は本堂の柱間の数が33あることに由来するそうです。ちなみに33は仏教では重要な数で観音菩薩が衆生を救うために姿を変えるその数が33あるところに由来するそうです。

 

国宝・重要文化財

 

国宝:本堂(阿弥陀堂の空間構成 鎌倉時代「和様」の代表的遺構) 千手観音坐像(本堂中央に鎮座されている大きな仏像)本堂両端にある風神・雷神像 千手観音坐像(中尊)をガードしている二十八部衆像

 

重要文化財:南大門 築地塀(太閤塀) 木造千手観音立像(これが三十三間堂と聞いて最もイメージしやすい多数の仏像ですね)

 

英文ガイドによる三十三間堂の案内

 

『Lonely Planet Kyoto』によると以下のような説明があります。

 

The building houses 1001 wooden statues of Kannon(the Buddhist of Mercy); the chief image, the 1000-armed Senju-Kannon, was carved by the celebrated sculptor Tankei in 1254. It is flanked by 500 smaller Kannon images, neatly lined in rows.

 

このぐらいの分量だとしても何も見ずに英文ですらすらと説明するのはなかなか難しいですね。。本日は偶然プロの観光ガイド(50歳代ぐらい?の女性の方)がマイクを用いて15人程度の外国人観光客を引率されていました。どんな説明をされるのかなと思いこっそり近づいて聞いてみました。センテンスは短めで明瞭な発音でした。また歴史や仏像の細かな話よりも「お供えにはなぜ果物があるのか」「観音とはどんな仏さまなのか」「なぜこんなにたくさんの仏さまがあるのか」といったあたりをテンポよく説明されていました。

 

続く

*写真は「通し矢」(Toshiya Festibal)が行われる本堂西側です。

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.2 ~対策本をやってみました!~

スタバで日本歴史の予想問題を解いてみました

通訳ガイド試験の対策本に含まれている予想問題を試しに勉強会メンバーと解いてみました。英語以外の科目は日本地理40分(40問)日本歴史40分(40問)一般常識40分(40問)です。本日はこのうち日本歴史をとりあえずやってみました。古代史や近現代史からの出題はほとんどありませんでした。また政治や外交という分野よりも文化財関連が大半でした。

 

歴史的な出来事と発生場所(都市名)

生麦事件、大津事件、壇ノ浦の合戦などの主要人物と発生場所(都市名)を問う問題がありました。通訳ガイド試験というだけあって歴史の問題についても地理的な要素があるようですね。出題の難度としては易しめな感じでした。センター試験よりも易しい感じです。

 

文化財の写真と収蔵場所

法隆寺、天平文化、三十三間堂、鎌倉文化、阿修羅像、興福寺、鳥獣戯画図、高山寺、尾形光琳などに関連する写真と収蔵場所を問う問題です。日本歴史という試験科目ではありますがガイドという仕事の特性上、観光地として人気のある奈良・京都に関連する出題が多いようです(関東地方からの出題はあまりないようです)。たしかに寺社仏閣や仏像などの文化財・美術工芸品などはガイドとして質問されることも多いでしょうね。京都は国宝や文化財が多いので実際に訪れて見学・勉強できるのが良いですね。平等院鳳凰堂や国立博物館などはアクセスも近いのでいいですね。

 

歴史的出来事や文学作品と人物とのかかわり

イエズス会、フロイス、平塚らいてう、阿倍仲麻呂、定朝(仏師)などの人物と歴史的出来事とのかかわりを問う出題です。近現代史よりも飛鳥時代~室町時代あたりからの出題が多いように感じました。文学作品とかかわりのある人物を問う問題もありました。井原西鶴や親鸞などの主要作品との正誤問題がありました。もっともガイドが案内業であるという点から文化財・名所史跡からの出題が多く文学作品からの出題はそう多くないようです。とはいえ文学作品とゆかりのある場所は押さえておくべきかもしれません。

 

100点満点中58点でした!

予想問題を解いてみましたら100点満点中58点でした。合格水準が約60点ということからまずまずでしょうか。大学入試で日本史を選択された方ならば少し復習するだけで8割ぐらいは取れそうな程度です。とはいえせっかく京都にいますので平等院鳳凰堂や金閣寺・銀閣寺あたりはしっかりとリサーチして徹底的に詳しくなりたいところです!そして二次試験(英語での案内業務デモンストレーション)に備えて英語でも資料集めしていきます。

 

*写真は過去問です。このシリーズ(法学書院)は過去問のみの掲載です。試験概要や対策などはあまり充実していません。それに何より驚きなのは英語試験の過去問は問題文が一部掲載(著作権のために問題文の大部分が割愛!?)な点です。「まずは過去問分析から」ということでアマゾンなどで中身を見ずに購入すると後悔するので気を付けましょう!

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。

「通訳ガイド試験 受験レポート」vol.1 ~試験のアウトライン~

はじめまして!

皆さんこんにちは。京都の英会話・海外旅行サークル「TEMPLE」事務局スタッフのKEIと申します。当サークルでは海外旅行の情報交換やメンバーで海外スタディ・ツアーを企画・運営していきます。はじめに少し自己紹介をさせていただきます。

大学進学をきっかけに京都市に来ました。大学では英語関係の学部ではありませんでしたが英語はわりと好きで個人的に英会話などを勉強していました。毎日仕事をしていますとなかなか海外旅行に行ったりする機会も頻繁にはありません。外国人と接する機会もそんなにありません。春を迎えるにあたって心機一転なにか新しいことを勉強したい!という気分になりました。最近外国人観光客がすごく増えましたよね。心斎橋などを歩いているとアジアからの観光客でいっぱいです。そんなことを考えていたらそういえば「通訳ガイド試験」みたいな試験があったような・・・とふと思いつきました。

 

通訳ガイド試験の概要

英語関連の勉強といえば英検やTOEIC/TOEFLが一般的ですよね。どちらも今まである程度勉強したことがあり正直あまりワクワク感がありません・・。問題集や文法書は一通りやったのであとは試験の慣れとテクニックを磨くぐらいしかやることがありません。イギリスやオーストラリアに留学する際の資格試験もあるそうですがマニアックすぎる気もします。

「通訳案内士試験」(通称:通訳ガイド試験)の存在じたいは知っていました。何だかわりと難しい試験のようだ、ガイドに関係のない自分には関係のない試験だ、TOEICなどと比べると身近で受験した人がいない・・・という印象でした。そこで少し試験の概要をリサーチしてみました。

■ 受験方式 年1回実施 一次試験(筆記試験)8月頃 二次試験(口述試験)12月頃

■ 試験科目 一次試験(筆記試験)
・英語(120分)記述式
・日本地理(40分)マーク式
・日本歴史(40分)マーク式
・産業・経済・政治および文化に関する一般常識(40分)マーク式
■ 試験科目 二次試験(面接試験)
通訳案内の実務(ガイドのデモンストレーション約8分)

■ 合格点
英語は約70点程度 その他筆記試験科目は約60点程度

試験の概要はざっとこんな感じです。過去問を見たところ社会科関連(地理・歴史・一般常識)はセンター試験程度の標準的な内容です。ポイントは英語になります。下線部訳や日本文化の用語説明(「お年玉」「初詣」などを英語で説明する問題)に加えて英作文もしっかり出ています。ガイドという「日本を英語で説明する仕事」に必要な試験を養成・試験するようになっています。

 

*写真は外国人観光客が良く利用している英文ガイドブック「「Lonely Planet Kyoto」です。巻末には語句リストが掲載されており「かつ丼 rice topped with a fried pork cutlet」などの説明文がリストアップされています。こうしたリストは通訳ガイド試験の語句説明問題にも役立ちそうですね。

 

 

KEI
【属性】京都の英会話・TOEICサークル「TEMPLE」事務局ディレクター
【性別】男性
【自己紹介】
今年度より「通訳ガイド試験」(通訳案内士試験)と「京都検定」(3・2級)にチャレンジします!「一人ではなかなか勉強が続かない」ということで仲間と「通訳ガイド対策勉強会」を設置しました。一緒に勉強してみたい!という方は当HPの「CONTACT」よりご連絡ください。